遠方からの新築祝い、お返しはどうする?


他のお祝い事に比べ、機会が少ない新築祝いでのお返しは、どのようにすればいいのか悩むことがあります。

また、新築祝いに出席出来なかった人や遠方からの贈り物を頂いた方へのお返しは?と迷うことも多いと思います。

新築祝いのお返しにはどのような点に注意が必要なのか、検討して見ましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

お返しが不要な場合

新築祝いの会食などを、新築した自宅やホテル・レストランなどで行った場合で、出席者から頂いたお祝いに関しては、お返しを不要としている場合があります。

ただし、感謝の気持ちを伝える意味で、お土産を用意することもあり、その際は荷物にならない程度のものにしましょう。

お返しが必要な場合

遠方やその他の理由で新築祝いの会食に参加できなかった人、また新築祝いを開かなかった場合でも頂いたお祝いに対しては、何らかのお返しをするのが礼儀でしょう。

その際、お返しの品物としては、頂いたお祝いの1/2~1/3程度の金額相当のものが妥当で、遠方からのお祝いに対しては、礼状なども添えて贈るとより感謝の気持ちが伝わると思います。

お返しとしてふさわしい品物もあるようですが、現代ではあまりこだわる必要はなく、好きなものを選べるカタログギフトなどがいいと思います。

カタログギフトとしない場合は、既に家庭にあり重複しそうな物や、好き嫌いが出そうなものは避けるべきでしょう。

お返しの時期、他

頂いたお祝いのお返し時期は、お祝いを頂いてから1ヶ月以内が妥当なところですが、遠方・近隣を問わずお祝いを頂いた時は、すぐにお礼の連絡をいれておくことも忘れないでください。

なお、お返しには「新築内祝」や「内祝」の、のし紙を付けるようにしましょう。

まとめ

遠方やその他の理由で新築祝いの会食に出席できなかった人からのお祝いには、まずはすぐにお礼の連絡をして、1ヶ月以内を目処に頂いたお祝い相当額の1/2~1/3程度のものをお返しとして贈りましょう。

なお、新築祝いの会食に出席したお客から頂いたお祝いに対しては、お返しの必要はありませんが、感謝の気持ちとしてお土産を用意することもあります。

お返しの品物としては、既に家庭にあり重複しそうなものや、好き嫌いの現れるものより、タオルなどの消耗品がよく、好きなものを選べるカタログギフトは最も喜ばれるものだと思います。

なお、お返しを贈る際には、紅白・蝶結びののしをつけ「新築祝い」などとしるし、世帯主の名前で贈るのが一般的です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする