家と買う時のローンと現金について


家を買う時には、住宅ローンを利用されるのが一般的ですが、100%ローンとする場合であっても、現金での支払が基本とされているものがあります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

諸費用

家を買う時の諸費用には、融資手数料や団体信用生命保険への加入などの住宅ローンに関するもの、抵当権設定や所有権保存などの登記関係、そしてそれらの業務を依頼する司法書士への報酬などがあり、標準的には300万円前後が必要と言われています。

これらの諸費用は、出来れば現金で用意しておきたいもので、銀行によっては諸費用ローンを用意しているところもありますが、借金のために借金をするようなもので、あまり勧められるものではありません。

諸費用ローン

それでも、家を買う時の諸費用を現金で用意できなかった場合は、諸費用ローンの利用もやむを得ないでしょうが、本来の住宅ローンに加えて数百万円のローンが増えるわけですから、十分な返済計画を銀行などと相談しながら進めることが必要です。

なお、フラット35での住宅ローンの限度は100%までで、諸費用を含めたローンを組むことが出来ませんので、注意が必要です。

住宅ローンが中心

家を買う時の資金計画では住宅ローンが中心でしょうから、借入先の選択から、金利タイプ、返済タイプなどを十分に検討し、さらには繰上げ返済なども計画に入れておくことを勧めます。

借入先については、銀行のローンと住宅金融支援機構のフラット35の選択肢があり、金利タイプには、変動金利と全期間固定金利、さらにはそれらの中間的な固定期間選択などがあります。

返済タイプには、元利均等返済と元金均等返済があり、前者は最後まで月々の返済額が変わらないため計画が立てやすく、後者は当初の返済額が多く負担になりますが、返済が進むにつれて月々の返済額が減少し、前者に比べて返済総額が少なくなる特徴があります。

一般的には、フラット35で、固定金利、元利均等返済が多いのではないでしょうか。

なお、返済期間中に資金の余裕ができた時には、繰上げ返済することも可能で、これにも期間短縮型と返済額軽減型があります。

【まとめ】

家を買う時に、多くの方は住宅ローンを利用されますが、100%ローンとする場合であっても諸費用などで300万前後の現金が必要となります。

銀行によっては諸費用ローンを組めるところもありますが、借金のために借金するような形となるため、できれば現金で用意することをお勧めします。

なお、フラット35での借入れは100%までですので、諸費用を住宅ローンに組むことは出来ず、別途にローンを組むこととなります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする