家を建てる時の名義は誰にする?

家を建てるナビ コラム (3)
家を建てる時には、夫婦で費用を負担する場合や親の援助を受ける場合などがあり、その際の名義をどうすればいいのか判断に迷います。

ここでは、一般的に多いと思われる夫婦の共有名義と親からの援助による共有名義について説明していきます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

夫婦の共有名義の場合

家の名義は、家を建てる費用の負担割合に応じて登記するのが基本で、費用負担割合と大きく異る持ち分登記をすると贈与税がかかる場合があります。

また、夫婦共働きで住宅ローンを二人で借りて共有名義にすると、夫婦共に住宅ローン減税を受けることができます。

さらに、家を売却して利益がでた場合は、同居の共有名義者一人あたり3000万円の特別控除をうけられます。

親の援助を受ける場合

家を建てる資金を親から贈与された場合は、贈与を受けた側(妻あるいは夫)の費用負担となり持ち分となります。

その際、贈与額が年間基礎控除額(110万円)を超えると贈与税がかかりますが、親に共有持ち分を持ってもらうと贈与税がかかりません。

そして後年、相続時精算課税の特別控除額(2500万円)を利用して親の共有持分を相続すれば節税にもなります。

まとめ

家を建てる時の名義をどうするかは、費用負担の有無や割合によりますが、合わせて住宅ローン減税や相続税などにも影響するため、事前に十分に検討しておく必要があります。

なお、共有名義とする場合には契約書や重要事項説明書への署名捺印も連名となります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする