フリーターが家を買う方法って?

家を建てるナビ 情報収集(1)
フリーターに家を買うことができるのか?と聞かれたら、やっぱりNo、でしょうね。

でも、フリーターでも収入面で融資条件に適合していたら?となると、簡単にNoとは言えないかもしれません。フリーターが家を買う方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

フリーターとは

フリーターとは、非正規雇用形態で生計を立てている人を指しますので、契約社員や派遣社員もその中に入ります。

アルバイトやパートタイマーもフリーターの部類に入るようですが、さすがにそれだけで生計を立てることは出来ないと思いますので、ここでは除外します。

ローン審査

融資ローン審査の項目は、数多くありますが、フリーターとして特に関連のあるところでは、勤続年数(3年以上)と最低年収の2点になります。

これ以外に、クレジット支払いの遅延、税金の滞納、消費者金融からの借入れがないことなどがありますが、正規雇用社員でも適用となりますので詳細には触れません。

銀行では安定した収入、つまり、安定して返済できることを重要視しますので、勤続年数は最重要項目となります。

この場合、正規雇用による勤続年数がベストですが、時代を反映して契約社員の場合は契約先での勤務年数、派遣社員の場合は派遣会社での勤務年数が審査されます。

最低年収は金融機関によって異なりますが、200~300万のところが多いようです。

借入額の審査では、夫婦などとの収入合算も可能ですが、合算者も勤続年数や年収条件を満たす必要があります。

まとめ

フリーターだから家を買うのは無理、と諦めるのではなく契約社員や派遣社員の場合は、金融機関と相談してみることです。何らかの方法が見つかるかもしれません。

その際、定期などの預金があれば、より有利な判断材料になります。勿論、上に挙げたクレジット支払いの遅延や税金の滞納などがないことが大前提です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする