新築時のガレージ計画で失敗しないために

家を建てるナビ 情報収集(1)
新築時に、ガレージスペースを何台にするか、屋外か屋内か、非常に悩むところですが、比較的エネルギーを注ぐ間取り計画に対して、二の次になりがちなガレージ計画で失敗しないための注意点を考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

ガレージに必要な大きさ

普通乗用車の標準的なサイズの長さ×幅は、4.5m×1.7mほどで、小型乗用車では4.0m×1.7mほどとなっています。

ガレージスペースとしては、車両サイズ全長にプラス80cmほど、全幅(ミラーを除く)には110cmほど必要ですが、ドアの開閉や乗り降りで不自由しないためには、全幅にプラス120cm以上は欲しいところです。

これらを考慮すると、普通乗用車1台の時には5.3m×2.9m、並列2台の時で5.3m×5.2mほどが失敗しないガレージサイズとなります。

ガレージの仕様

上に挙げたガレージスペースの面積は、1台で15.37㎡、並列2台で27.56㎡となり、帖数で表すとそれぞれ約9.3帖と16.6帖にもなります。

現実には前面道路からのアプローチや隣地境界線からの後退などのスペースも利用出来ますが、この大きなスペースが住宅全体のイメージに与える影響は大きく、無味乾燥なコンクリート床で覆ってしまうのは感心しません。

コンクリートは車の轍部分だけにし、後はレンガや芝生などでデザインし、アプローチや庭などと連続性を持たせることが視覚的なゆとりと温かいイメージを与えます。

このような工夫は敷地が狭く、十分なガレージスペースが取れない時ほど有効で、無味乾燥な空間としないことが新築時のガレージ計画で失敗しない方法です。

ガレージからの動線

新築時に比較的忘れがちなのが、ガレージ部分と住宅部分との動線で、それらを切り離して計画すると実生活で非常に不便な思いをすることになります。

例えば、買い物などで沢山の荷物を家の中に持ち込む場合、あるいは雨の日に車のドアから家の中に入る場合を想像した時、ガレージから家の出入り口が遠くにあるのと近くにあるのとでは、その利便性がまるで違います。

このように、新築時の計画では部屋の動線と共に、ガレージとの繋がりも考慮して、玄関ドアや勝手口ドアの計画をすることが失敗しないガレージ作りとなります。

まとめ

新築時のガレージ計画では、所有している車の台数や大きさに合わせて行いますが、そのスペースをミニマムで計画し、車の出し入れや乗り降りに苦労するようなガレージでは失敗だと言えます。

複数台のガレージであっても、少なくとも使用頻度の高いクルマに対しては、出し入れや乗り降り、さらには家の出入り口との繋がりも考慮したガレージ計画とするべきです。

また、敷地を大きく占拠するガレージの床を無味乾燥な仕様とするのではなく、芝生やレンガなどを用いて庭やアプローチとの連続性を持たせることも限られた敷地を有効に活用する、そして失敗しない方法です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする