新築時のlan配線の注意と費用


インターネットの利用なしでは考えられない現在の生活で、新築時のlan配線はどのようにすればいいでしょうか。

また、lan配線する際の注意点や費用、さらには普及してきたwifi機器の設置とどのようにバランスさせればいいのでしょうか。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

wifi普及前は全室lan配線が先進だった

wifiが普及する前は、lan配線をリビングかダイニングのいずれかに1箇所、明確に利用形態が決まっている場合は、それぞれに1箇所、そして寝室などの個室それぞれに配線しておくのが先進的な時代もありました。

しかし、wifi機器の普及と性能向上してきた現在では、各室へのlan配線は工事費用を上げる要因で、接続コードの整理も大変で、新築の美しさを損なうことにもなります。

従って、lan配線で接続する機器とwifi接続する機器とを区別して、それぞれの利用形態をシュミレーションしながらlan配線計画することをお勧めします。

lanとwifiを上手に利用

極端な利用形態としては、光り回線の取り出し口付近にモデムとwifi機器を設置して、インターネット接続の全てをwifiで行う方法があり、これが費用を最小にする方法だと思います。

しかし、PC機器やスマホなどが集中してwifi接続を始めると、不安定になったり速度が遅くなることがあります。

性能が上がったwifi機器でも速度や安定性では、lan配線による接続の方が上回り、テレビやデスクパソコンなどの場所が固定しているものについてはlan配線を行っておくべきでしょう。

なお、スマホやノートパソコンなどのwifi接続で、階数が異なったり離れた部屋で電波が届かない場合の対処方法も考えておかなければなりません。

簡単にwifi電波を届かせるには、光り回線取り出し口付近のwifi機器の電波を中継し、電波の届く範囲を拡げる方法があり、この場合は中継器の電源が必要となります。

また、wifi機器を追加してwifi機器同士のlan接続で電波の届く範囲を拡げる方法もありますが、この場合はwifi機器間でのlan配線と電源が必要となります。

lan配線の費用

標準的な規模の新築住宅で、lan配線しておきたい場所としては、家具の模様替えなどに伴うテレビの移動を考慮して、リビング・ダイニングに2箇所、個室でのデスクトップパソコンの使用を3台と想定し、予備に階数の異なるホールなどにwifi追加用を1箇所とすれば計6箇所となり、lan配線の費用としては10万円前後が妥当な金額だと思います。

まとめ

新築時にlan配線を計画する場合、テレビやデストップパソコンなどの利用場所が固定しているもの、そしてノートパソコンやスマホなどの移動利用するものとを、それぞれにシュミレーションしながら計画するべきです。

lan配線は1箇所で15,000前後の費用が必要なため、wifi接続を上手に利用することで、経済的なlan配線計画とすることができます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする