住宅メーカーの断り方


住宅展示場などを訪問・見学した時、モデル住宅でアンケートを求められ、多くの場合は数日後に住宅メーカーから連絡があり、プラン提案させてください、などと訪問の意志を伝えてきます。

訪問を受け入れ、ヒアリングから提案されたプランや見積りに満足しなかった、あるいは他社との競合の中で、断らざるをえない場合、どのような断り方がいいのでしょうか。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

予算上の判断

断る理由の最大要因は、見積り金額が予算に合うかどうかですが、単に安さやサービスの有無だけでの断り方は賛成しません。

なお、予算に合わせるために安易な仕様変更を求めてきたり、色々なサービスで予算に合わせようとする住宅メーカーは、元々の見積りの根拠が希薄であることを示しており、お断りした方がいいでしょう。

予算に合わない場合は、正直に伝える断り方が、その後の展開もいい方向に繋がってくると思います。

断る理由は正直に

住宅メーカーには、それぞれに特色があり、外観デザインや住宅設備に顕著に現れ、複数の住宅メーカーから提案された内容に対しては、ユーザーの好き嫌いが現れます。

また、住宅メーカーと建材や設備の各メーカーでは特約が結ばれてコストダウンが図られていますから、その住宅メーカーの基本仕様から外れるものは、コストアップになる可能性があります。

従って、住宅メーカーへの断り方としては、予定していたイメージや仕様と異なること、そして他の住宅メーカーで希望する提案があったことなどを正直に伝えることだと思います。

その際、選んだ住宅メーカー名も伝えると、信憑性が出ると共に、担当営業マンへの礼儀にもなります。

引き際のチャンスを与える

営業マンも仕事ですから、1回の断りで諦めるとは限らず、新しい提案を材料に再訪連絡をしてくるケースがあります。

明確に他の住宅メーカーに決めている場合には、その旨を伝え、今までの提案に感謝を表わして営業マンの引き際のチャンスを作ってやることも重要です。

また、取り敢えず断りたいと言う時も、タイミング的にまだ早すぎた、あるいは予算の問題などを正直に伝え、将来の選択肢を狭めるような失礼な断り方をしないことです。

まとめ

住宅展示場を見学した場合、一般的にはアンケートを求められ、数日後には営業マンが提案プランをもって来訪されるケースが一番多いと思います。

しかし、将来の参考と思って見学した場合や、他の住宅メーカーで決めていた場合などには、断り方に苦しむものです。

住宅メーカーの営業マンも仕事で真面目にユーザー対応している訳ですから、失礼な断り方は避けるべきで、相応のお礼の言葉を混じえながら、正直に断る理由を伝えるべきです。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする