家を買う時のローンに保証人は必要?


家を買う時には多くの方が住宅ローンを利用されますが、その際に保証人は必要なのでしょうか。

また、保証人を必要とする場合、保証人にはどのようなものがあり、どのような責務があるのでしょうか。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

保証人、連帯保証人、連帯債務者

保証人とは、ローンの利用者が返済出来なかった場合に代わりに返済する人で、連帯保証人とは、ローン利用者と同列の返済義務のある人のことを言い、ローン利用者の返済能力の有無を問わず、債権者が連帯保証人に返済を請求しても断れない立場にあります。

つまり、債権者側からすれば、請求しやすいところから回収することが可能となるのです。

いずれにしても、家を買う時の数千万となる住宅ローンで保証人や連帯保証人を他人にお願いするのは現実的には無理なお願いと言えるでしょう。

なお、夫婦の収入を合算して住宅ローンを組む場合、合算者は連帯保証人あるいは連帯債務者となり、連帯債務者は、保証人や連帯保証人とは異なり、借りた住宅ローンに対して共に返済する人と言うことになります。

住宅ローンで保証人が必要な場合

家を買う時の住宅ローンで連帯保証人が必要な場合は、上で述べた夫婦の収入合算で夫名義で借りた場合の連帯保証人のほか、土地や建物が共有名義である場合、親の名義の土地に建てる場合などがあります。

その他で保証人や連帯保証人が必要な場合には、確実に返済できると思われる収入がない場合や収入が安定していない場合などがありますが、そのような場合は一般的には金融期間の融資審査にも通らないケースが大半だと思います。

なお、保証料を支払うことで保証してくれるシステムもありますが、返済を肩代わりしてくれた場合でも債務が消える訳ではなく、保証会社へ債務が移るだけですからお勧めではありません。

団体信用生命保険

家を買う時の住宅ローンの利用では、団体信用生命保険へ加入されるのが一般的です、これはその名の通り生命保険ですから、住宅ローンの利用者が死亡あるいは高度障害者になった時にローン残高を保険金で完済してくれるもので、単に返済能力が無くなったからと言って、代わりに返済してくれるものではありません。

なお、民間金融機関では、この団体信用生命保険の加入を任意としているところもあり、フラット35でも任意としているだけでなく、上の保証人も不要としています。

まとめ

家を買う時の住宅ローンの利用に際して、保証人を不要としている金融機関もありますが、逆の見方をすると、保証人を必要とするような場合には、融資審査も通らないと言えるでしょう。

また、保証料を支払って保証人となってくれる会社もありますが、返済を代弁してもらった時でも、債務が保証会社に移るだけで債務がなくなる訳ではありませんので、あまりお勧めできません。

なお、夫婦合算などで住宅ローンを借りた場合は、合算者が連帯保証人あるいは連帯債務者となり、家や土地が共同名義の場合や親の土地に建てる場合などは、共同名義者や親が連帯保証人となります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする