家を買う時の年収と予算の組み方


家を買う時の住宅ローンの利用条件は民間銀行によって異なりますが、最も利用が多いと思われる住宅金融支援機構が提供しているフラット35を参考にして、必要な年収や予算の組み方などを検討してみます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

年収と返済額割合

フラット35では、住宅ローンなどの年間返済額の年収に対する割合を、年収400万円未満では30%以下、400万円以上では35%以下としており、自身の年収と返済予定年数から、ざっくりした借入額と予算を想定することができます。

なお、年収には配偶者などの収入も合算できますが、年間返済額には自動車ローンなども含まれますので予算を組む際には注意が必要です。

金利と借入れ割合・他

上記の範囲内であれば、購入額の100%を借入れすることも可能ですが、90%を超える場合は借入れ金利が上がるため、予算を組む際には90%以内に納めるのが得策です。

なお、フラット35では返済期間が20年以内と35年以内とでも金利差があり、フラット50では50年の返済期間を設けていますが、返済期間が長いほど借入れ金利も高くなっています。

総予算に含まれるもの

家を買う時の予算で忘れてはならないものに諸費用があり、住宅ローンに関するもの、登記に関するもの、そしてそれらの業務を代行する司法書士への報酬などが含まれます。

標準的な住宅では、これらの諸費用に300万円前後が必要とされており、現金による支払いが基本とされています。

なお、金融機関によっては諸費用ローンを設けているところもありますが、返済計画に余裕がない限りはリスクを増大させることとなるため、お勧めできません。

まとめ

家を買う時の予算の組み方の要素には、諸費用と頭金としての現金、年収に対する年間返済額の割合と返済予定年数から算出した借入れ可能額、購入価格に対する借入れ額の割合があります。

フラット35を参考とした場合、年間返済額の年収に対する割合は、年収が400万円未満では30%以下、400万円以上では35%以下としています。

また、借入額を購入価格の90%以内と90%超え、さらには返済期間を20年以内と35年以内とに分け、借入れ割合が大きいほど、そして返済期間が長いほど金利が高くなっています。

これらから、家を買う時のミニマムの理想と予算の組み方は、年収が400万円以上で、諸費用と頭金10%の現金を用意し、返済期間を20年とする方法ですが、現実にはこれらの条件が揃わなくとも、家を買うことは出来ると思います。

ただし、資金計画や返済計画は家族で検討すると共に、銀行窓口でも十分に相談し、無理のない予算とすることが重要です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする