住宅メーカーと不動産業者の分譲戸建の違い


分譲戸建、つまり建売(売建て含む)住宅には、住宅メーカーが提供しているものと不動産業者が提供しているものがありますが、それらに違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

住宅メーカーと不動産業者

住宅メーカーには、大手のハウスメーカーから地域の住宅業者まで様々ですが、それぞれに住宅のブランドや設計規格を持っているのが一般的です。

不動産業者は、一部に土地開発を行っている事業者もありますが、多くは宅建業法の範囲で事業を行っており、建築を外部に発注し完成品を販売しているのが一般的です。

いずれの場合も、それぞれに不動産部門あるいは住宅部門を持っている場合が多く、明確な違いを表すのは難しいのが実情です。

住宅メーカーが提供する住宅

住宅メーカーが提供する戸建は、構造躯体や省エネなどの性能がメーカーの設計規格に基づいており、中にはメーカーの企画住宅を分譲戸建としている場合もあります。

そのため、分譲される戸建の基本性能に、品質的なバラツキが少なく平均値も高いものとなっています。

また、住宅メーカーでは無償メンテナンス期間や保証期間を瑕疵担保履行法に定められたものよりも長く設定しているところもあり、それらの違いは住宅メーカーを選択する際には有力な材料になるでしょう。

不動産業者が提供する住宅

不動産業者が提供する分譲戸建は、都度設計されるものが多く、地域や敷地に合った設計を目的としていますが、設計や施工、あるいは設計・施工を外部に出しているところもあり、品質にバラツキが出ることもあります。

そのため、不動産業者の分譲戸建では、設計や施工内容をしっかり確認できる選択眼が求められます。

まとめ

住宅メーカーが販売する戸建住宅の特徴としては、メーカーの住宅に対する設計規格が根本にあり、構造躯体や省エネなどの性能が一定のレベルにあり、安心できる面がある一方で画一的な面もみられます。

他方の不動産業者が販売する戸建住宅は、その都度設計されるケースが多く、多様性に富んでいる反面、設計や施工の質にバラツキがでる危険性もあります。

しかし、十分に検討された分譲戸建では、両者の違いはほとんどなく、住宅瑕疵担保履行法で住宅の基本性能が担保されている現在では、両者の平均値はほとんど同じと言っていいでしょう。

ただし、住宅メーカーには、構造躯体や省エネ性能、さらにはメンテナンスや保証年数に大きな特色を出しているところもあり、これらの不動産業者との違いはユーザーの判断基準になると思います。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする