新築住宅の防犯で失敗しないために!


住宅の防犯には、本格的なセキュリティー会社による防犯システムが代表としてありますが、ここでは新築時の設計段階で失敗しない防犯を考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

5分の攻防

ある統計によれば、泥棒が5分以内に侵入出来なかった場合には諦めるが7割近くになっていることから、窓やドアからの侵入に5分以上かかるような防犯設備を設けることが重要で、新築住宅での失敗しない防犯計画の参考になります。

窓の防犯設備としては、面格子がよく知られていますが、掃き出し窓のように面格子を取付けられない場合には、防犯ガラスや防犯シート、さらにはクレセント錠だけではなくロック機能が付いているサッシュを選ぶことも重要です。

ドアの防犯設備には、鍵を2個付けることや、ピッキングしにくい、あるいは壊しにくい鍵の選択などがあります。

浴室、トイレ等の窓位置、他

防犯上で最も有効なのは、侵入に際して人目に付きやすいか否かと言うことで、人目につかない場所に侵入可能な窓があった場合は、上で述べた5分は意味をもたず、容易に泥棒の侵入を許してしまいます。

浴室やトイレなどの窓は、プライバシーを守る目的で人目に付きやすい場所は避けているのが一般的ですが、その場合でも侵入者の行動が道路や隣地などから、人目に付きやすくしておくことも新築の防犯計画で失敗しない方法です。

そのためには、植木や植栽を侵入者の隠れ場所とさせないような外構計画にしておきましょう。

防犯上で比較的軽視しやすい2階の窓も、近くに足がかりとなるような塀やフェンス、そして縦樋などがある場合は注意が必要です。

特に、ベランダでは一旦登ってしまうと身を隠すことが容易になり、ゆっくり侵入することも可能となるため、ベランダ周囲に足がかりになるようなものを設けないように注意しましょう、

【人感センサー式照明】

夜間の防犯として意外に有効なものに、人感センサー式の照明器具があります。

これは、日が落ちてからセンサーの感度範囲内に人が立ち入った時に自動で照明がつくもので、深夜に不審者が近づいてきた時に照明で牽制・防止する効果があります。

元々は、省エネを目的として家人が帰宅して門扉や玄関に近づいて来た時に、明かりをつけるものですが、防犯上でも役にたつもので、新築の防犯計画では門扉や玄関だけでなく、侵入の恐れがある場所に夜間照明兼用で付けておくことを勧めます。

【まとめ】

住宅への侵入に5分以上かかる場合は、7割近くが諦めると言う統計があり、新築の防犯計画を失敗しないための参考になり、面格子、防犯ガラスや防犯シート、さらにはクレセントだけでなくロック機能付きのサッシュなどが効果的です。

なお、防犯で軽視しやすいベランダや2階の窓では、塀や縦樋などの足がかりとなるようなものを周囲に計画しないことも重要で、合わせて侵入者の行動を人目に付きやすくしておくことも防犯上では重要なことです。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする