年収500万でいくらの家を買うことができるか?


フラット35で住宅ローンを組む時、年収400万を境にして年間返済額の年収に対する割合を変えていることから、標準的には家を買うには400万ほどの年収が必要と見られているのかもしれません。

では、年収500万ではどれくらいの家を買うことができるのでしょうか、検証してみましょう。

なお、ここで言う年収は借入れ申込年度の前年の収入を公的証明書で証明されたもので、給与収入だけの場合は給与収入金額、それ以外の方は事業所得や配当所得などの全てを含んだ所得金額となります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

フラット35の融資基準

フラット35の融資基準には、年間返済額の年収に対する割合と、購入額に対する融資額の割合で基準金利を変えて設けています。

年収400万未満では年間の返済額を30%以下としており、400万以上では35%以下としていますので年収500万での年間返済額の上限は175万となります。

また、購入額に対する借入額の割合が90%以下と90%超えで金利を変えており、90%以下の方を低い金利としています。

借入れ可能額

年収を500万とした時、年間返済額は先の175万となり、返済を35年の元利均等払い、借入額を100%で金利を1.6%とした場合、借入れ可能額は4700万ほどになります。

上記同様の年間返済額とし、返済を35年の元利均等払い、借入額を90%で金利を1.2%とした場合、借入れ可能額は5000万ほどになり、頭金との合計では5550万ほどになります。

フラット35では、家を買うための諸費用をローンに組まないことを基本としていますので、上記の4700万と5550万が家の購入価格になります。

諸費用

家を買う時の諸費用には、融資手数料や団体信用生命保険などのローン関係、抵当権設定や所有権保存登記などの登記関係、そして不動産取得税や印紙税などの税金関係があり、標準的には300万前後が必要と言われています。

また、家の購入後も固定資産税・都市計画税などの費用が必要なことも計画には入れておくべきです。

まとめ

年収500万でいくらの家を買うことができるかは、頭金の有無や大小、返済期間の年数などにより異なりますが、借入れ可能額としては4700万~5000万ほどになり、これが家の購入価格の最大と考えていいでしょう。

なお、家の購入に際しては、諸費用として300万前後が必要なことも忘れてはならないことで、全てをギリギリの計画で家を買うのではなく、購入後の生活にも配慮して無理のない返済計画とするべきです。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする