新築の失敗例から考える暗い部屋としないためのポイント!

折角、新築した住宅が予想に反して暗い部屋にならないよう、いくつかの失敗例から注意するポイントを検証して見ましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

直射光が入らない部屋

比較的条件の良い敷地であっても、新築時の間取り計画で全ての部屋に直射日光を取り入れることは難しく、安易に窓を配置するだけでは失敗する可能性があります。

暗い部屋となりやすいのは、直射日光の入らない北側の部屋や、朝・夕に一時的にしか直射光が入らない東側・西側の部屋で、一方向にしか窓のない場合は特に注意しなければなりません。

直射日光の入らない部屋でも、2方向に窓を取付けることや壁の一部にガラスブロックを採用することなどで、間接光を多く取り入れることができ、明るい部屋とすることができます。

なお、2階の場合には天窓の活用も有効で、不足する採光をカバーするだけでなく、上部からの光で趣きのある部屋とすることができます。

上記から、新築の間取り計画では、可能な限り2方向採光とし、不可能な場合でも天窓などが取付けられるような計画としておくべきです。

ダーク系の床や壁

新築で暗い部屋としないための工夫のひとつに、床や壁の仕上げの色を明るくしておくことがあり、床や壁からの反射光も明るい部屋とする重要な要素です。

ダーク系のフロア材は高級感があることから、ダーク系の色合いのものが多用されていた時期がありましたが、部屋が暗くなると言う反省から現在では明るいものが主流になっています。

同様のことは壁の仕上げにも言えるため、壁にダーク系のものを選ぶ場合は全面に採用するのではなく、一部にとどめておくことが失敗しない方法です。

暗い部屋は不経済

暗い部屋では照明を点ける時間が早くなり、雨天時などでは昼間から照明を点けないといけない場合があります。

このような部屋は通風も悪く、住環境として好ましくないばかりか、照明器具やエアコンなどのランニングコストも上がるため、新築の間取り計画では採光の検討も十分に行い失敗しないように注意しましょう。

まとめ

新築で予想に反して暗い部屋となってしまう要素には、一方向にしか窓がない場合、内装の色調をダーク系にした場合などがあります。

日常的に暗い部屋は、早い時間から照明を点けなければならず、ランニングコストの高い居室となるだけでなく、住環境としても不健全なものとなってしまいます。

新築でこれらの失敗をしないためには、窓は2方向に設けることが基本で、中部屋などのように1方向にしか窓が取れない場合でも天窓やガラスブロックなどで光を取り込む工夫が必要です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする