一戸建ての購入はいつが良いか?


一戸建て(建売)を購入するタイミングには、ユーザーの事情によるもの、事業者の事情によるもの、そして国の優遇政策によるものがあり、これらに対する購入タイミングでいつが良いのか検証してみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

家族構成による事情

一戸建てを購入する際のユーザー側の事情が、年内入居や新学期が始まるまでの引越しである場合は、いつまでに希望する物件を探し、契約手続をとらなければならないでしょうか。

通常、契約手続きには1~2ヶ月が必要ですから、年内入居であれば10月まで、新学期までの入居であれば1月までには契約できる状態にしておきましょう。

ただし、上記はユーザーが希望する一戸建てであることが前提ですから、事前に候補物件を見つけておく必要があります。

経済的な事情

一戸建てをいつ購入するかの経済的なタイミングには、諸費用や頭金が用意できた時、定年からローン返済年数を逆算した購入年齢などがあります。

一般的に、諸費用には300万円以上、頭金には1割以上とされていますが、一戸建ての購入時の絶対条件ではなく、返済可能な収入であれば、諸費用ローンや物件の100%ローンを利用することができます。

従って、経済的な一戸建ての購入タイミングには年収額が影響し、フラット35を参考にすれば年収400万以上になった時がひとつのタイミングと言えます。

税法上のタイミング

新築一戸建ての購入に際して取られている現在の主な優遇政策には、減税タイプのものと給付タイプのものがあり、それぞれに適用期限が設けられていますが、優良な住宅ストックの確保から今後も継続や更新が行われることが推測されるため、住宅関連情報には注意が必要です。

・住宅ローン減税:~平成33年12月31日
・登録免許税  :~平成29年3月31日(長期優良住宅等の場合は平成30年3月31日)
・不動産取得税 :~平成30年3月31日
・固定資産税  :~平成30年3月31日
・すまい給付金 :~平成33年12月31日

なお、上記以外にも住宅仕様や設備、あるいは市町村による給付などがありますが、これらの詳細についても確認しておくことをお勧めします。

いずれにしても、税法上で一戸建てをいつ購入すれば有利なのかを判断するためには、上の優遇政策の有無や概略を知っておくことが重要で、特に年度末が近づく頃には継続や更新などの情報を確認しておきましょう。

まとめ

一戸建ての購入はいつが良いのかは、ユーザーの家族や購入資金、そして国の優遇政策なども考慮しなければなりませんが、その前提には購入候補に挙がった一戸建てがユーザーの希望に合ったものであることが必要です。

それらを踏まえた上で、一戸建てを購入にいつが良いのかは、結論的にはユーザーが希望する物件が見つかった時と言えるでしょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする