一戸建て購入のポイント


一戸建ての購入ポイントには、土地や建物あるいは業者などに関するポイントと、生活スタイルや住宅に対する生涯設計をどのように考えていくかのユーザー側のポイントがありますが、ここでは、主にこの一戸建てを購入する際のユーザー側のポイントについて考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

生活スタイルを考えてみる

一戸建ての購入に際しては、自然環境あるいは子育て環境を優先するのか、交通や買い物などの日常生活の利便性を優先するのかで、購入ポイントが大きく異なります。

これらの優先順位は生活スタイルによって大きく異なるため、家族が望む生活スタイルがどのようなものなのかを、事前にしっかり考えておく必要があります。

生涯計画で異なる購入ポイント

購入する一戸建てを終の棲家とする予定なのか、時期は未定ながらも住み替えを予定しているのか、これらが具体的には決まっていなくとも、イメージは持っておくべきでしょう。

終の棲家とする場合には、リタイアや高齢者になった時の生活スタイルにも対応できるような住環境を予測しておく必要があり、住替えを予定している場合は転売しやすいことも購入ポイントとして考慮しなければなりません。

数十年後の未来を具体的に予測することはできませんが、そのイメージを持っているか否かが一戸建ての購入の成否に大きく影響します。

リフォームを前提とした時の購入ポイント

中古一戸建ての購入では、リフォームされている、あるいは予定している場合が多く、ユーザーによってはリノベーションを前提にしている場合もあります。

一戸建ての劣化状態や生活スタイルに合わせて、これらの工事を予定している場合は、構造や防水などの基本部分がしっかりしたものを選ぶのは勿論ですが、それらの工事のしやすさも重要ポイントとなります。

例えば、構造や防水に問題がある場合は、その修復費用が高額になり、小部屋の多い間取りでは撤去できない柱が多く、満足のいくリフォームやリノベーションが出来なくなってしまいます。

これらの検討には建築士の知識や技術が必要となるため、候補物件が見つかった時には、早い段階で相談されることをお勧めします。

まとめ

一戸建ての購入に際しては、敷地や建物を具体的に検討する前に、生活スタイルや生涯設計などのユーザー側が事前にイメージしておかなければならない重要なポイントがあります。

ユーザー側が事前にイメージしておくべきポイントは、一戸建てが新築の場合は、自然環境あるいは交通の利便性などで何を最優先順位とするのか、中古の場合にはリフォーム範囲の大小や難易度等の判断も必要なため、可能であれば建築士等の技術者に相談することを勧めます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする