家を建てるのは40歳までに!その理由とは

家を建てるナビ  コラム(8)
を建てるなら、若ければ若い方がいい。

でも、生涯に一度となるかもしれない家の新築は、そう簡単ではありません。

経済的な問題の他に、実生活を体験し求める家の具体的なイメージを持つことが重要なのです。

折角建てた家も意外に使いにくかったり、あーすれば良かった、こうすれば良かった、などと後悔が多いようではつまりません。

では、家を建てるのは適齢期は何歳くらいでしょうか?

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

住宅ローンは定年前には終わらせよう

一般的に住宅のローン返済期間は25年・0年が最も多く、定年60歳までに完済するのが良いといいます。・

仮に30歳に30年のローン返済を組めば60歳で完済し、再雇用などで60歳以後に得る収入は老後資金に蓄えることになります。

40歳でローンを組んだ場合は、20年の返済期間で定年年齢になるため、頭金や年間返済額が大きくなります。

これらからは、家はできるだけ早く建て、当初のローン返済期間を長めにして年間返済負担を少なくし、余裕ができたら、繰上げ返済で60歳までに完済するのがローン返済ではベストとなります。

生活体験から家のイメージを作っておこう

家を建てる前には、どんな家が欲しいかと言う具体的なイメージを持っておくことが必要となります。

しかし、30歳前後では生活の実態を体感することが少なく、単なる願望を取り入れた設計では快適な生活が送れない家になる可能性があります。

家を建てるには、自身や家族の望む生活スタイルを実生活から作り上げ、その具体的なイメージを持っておく必要があるのです。

一般的に、結婚して子供が生まれ、生活スタイルができ上がるのは40歳前後でしょう。

家を建てる適齢期

以上から家を建てるには、ローン返済期間と定年年齢、そして生活スタイルの確立年齢から、ベストな適齢期は35歳前後、またリミットは40歳とするのが一般的です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする