新築の計画で24時間換気は必要?


現在の新築では省エネ住宅が増えてきており、合わせてエネルギー効率を上げる目的で住宅の高気密化も図られています。

高気密化が図られた住宅では自然換気が期待できず、基準法で定められた換気回数を確保するために24時間換気が採用されているのが一般的です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

24時間換気の種類

新築でどんなに断熱材を高性能なものにしても、屋根や外壁に隙間がある、そこから空気の流出入が起こり冷暖房機器のランニングコストが上がります。

そのため、省エネ住宅では外壁の室内側や天井あるいは屋根の小屋裏側に気密シートを張り、電気コンセントなどでは周囲に充填剤などを利用して隙間を無くすようにしています。

しかし、高気密化された住宅では夏季・冬季の自然換気が十分ではなく、シックハウスや空気汚染を防止するためには何らかの方法で換気する必要があります。

建築基準法では、1時間に0.5回の換気回数、つまり2時間に1回は居室の空気を全て入れ替えることを義務付けており、24時間換気はこれに基づいたもので、排気・吸気ともに換気扇で行う第1種換気、吸気のみを換気扇でおこなう第2種換気、排気のみを換気扇で行う第3種換気があります。

24時間換気で注意すること

現在の新築の24時間換気では、上記の第3種換気を居室ごとに行う方法がコストや運用面などから主流になっています。

しかし、この3種換気の換気扇による強制排気は室内を負圧にするためドアの開閉時に気圧差による抵抗を感じることがあります。

なお、2種換気、3種換気ともに吸気口部分に外気が集中するため、冬季などには吸気口付近に結露が発生しやすくなり、その位置によっては冷たい外気が快適さを損なう場合もあります。

第1種換気では、吸排気に熱交換式の換気扇を設けることで結露防止になり、24時間換気ではお勧めのタイプですが、システムの設置費用が高額になるデメリットがあります。

まとめ

現在の新築で採用されている24時間換気は、建材等によるシックハウスや空気汚染が住宅の高気密化で増大するのを防ぐためのものです。

換気方法には、吸排気を強制的に行う第1種換気、吸気のみを換気扇でおこなう第2種換気、排気のみを換気扇で行う第3種換気がありますが、コストや運用のしやすさから、第3種換気が多く採用されています。

第1種換気や第2種換気では、吸気側の外気が集中するため冬季には吸気口付近に結露しやすく、これを防ぐためには第1種換気が有効ですが設置費用が高額になります。

いずれにしても、現在の新築では24時間換気は必須で、地域の気候や間取りなどによって換気タイプを選択することが必要です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする