新築の水道工事で起きやすいトラブル


水道工事には屋内の給水設備のほか、屋外ならびに敷地外での水道管の引き込み工事があり、これらの水道工事でのトラブルは、往々にして新築の完成間近あるいは完成後の頃に起きることが多く、「追加費用の請求」や「水の出が悪い」などの形となって現れてきます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

私道埋設水道

一般的に水道本管は公道に埋設されており、そこから個別に敷地内に水道が引き込まれていますが、敷地に接する道路が私道の場合には、公道の本管から私道に枝分かれし各敷地に水道管が引き込まれています。

この場合、公道本管から私道への分岐工事費は利用者負担となり、新築で新たに私道の水道管から引き込む場合は、分岐工事費の一部を負担するのが一般的です。

しかし、私道や本管から分岐された水道管が古い場合、その所有権や負担額が不明なことがあり、いざ水道工事と言う時になって私道所有者の承認などが必要と判明しトラブルとなることがあります。

従って、敷地の前面道路が私道の場合に新築する場合は、事前に自治体で相談・確認しておくことを勧めます。

水道加入金とは

水道加入金は、水道の新設や既にある水道の口径を増径させる場合に必要となり、加入金は自治体の水道建設費の一部として使われ、新築の水道工事では必要なものです。

水道加入金には、加入金以外に量水器代、止水栓代、ボックス代などの材料費が加算されたり、申込手数料や審査手数料、検査手数料が含まれているなど各自治体によって様々です。

分譲戸建では、これらの水道加入金の費用が売買価格に含まれているのが一般的ですが、新規の分譲地では加入金の詳細が不明なことが多いため別途費用としている場合があり、請求時にトラブルとなりやすいものです。

水圧の問題

新築なのに「水道の出が悪い」、「勢いがない」と言うのも水道工事のトラブルになりやすいもので、高台などで元々水圧が低くなる傾向がある場合や、2階に浴室や洗面などがあり1階で水を使っている時に2階のシャワーの勢いがなくなるなど様々です。

しかし、これらは水道工事業者だけでは解決することが難しく、自治体の水道局に相談してみることを勧めます。

まとめ

新築の水道工事でのトラブルには、水道加入金や私設水道の負担金などの費用に関するもの、そして水の出が悪いなどの水圧に関するものがあります。

これらのトラブルを避けるためには、敷地の前面道路が公道であるか私道か、私道の場合は所有者の確認や利用承諾書が得られるか否か、などを自治体などで事前に確認しておくことを勧めます。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする