家を建てるタイミングとは?

家を建てるナビ コラム (3)
家を建てるタイミングには、子供の誕生、子供が小学校に通い始める時、など様々にありますが、最も重要なタイミングに資金的な問題があります。

また、家を建てるにはタイミングを待つのではなく、タイミングを計画することも必要となります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

頭金が貯まった時

必要な頭金を貯めて返済年数や返済額を短く或いは少なくする場合と、返済能力があれば全額ローンでも早い時期に家を建てる場合とでは、どちらがいいタイミングなのかは判断が難しいものです。

仮に頭金が貯まった時を家を建てるタイミングとするなら、フラット35では購入価格の90%を超える借入れの金利を高くしていますので、頭金が10%貯まった時が、ひとつのタイミングになるかもしれません。

年収と年間返済可能額

家を建てる時にフラット35で借入れをする場合、年収に占める借入額の年間返済額比率は、年収400万未満で30%以下、400万以上で35%以下としています。

従って、年収を400万(手取り)とし返済限度を35%とした場合、年間返済限度額は、約140万円となります。

これを単純に30年間返済(100%ローン、金利1.85%、元利均等)すると借入れ額は概算で3,230万円ほどになります。

この金額で希望する家を手に入れられる時、つまり手取り年収が400万になった時が家を建てるタイミングです。

まとめ

以上から、家を建てる予算に対して10%の頭金ができた時、あるいは借入希望額に対する年間返済率が年収の35%以下になった時が家を建てるタイミングとなります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする