家を買う時の場所選びで考慮すること

家を建てるナビ 土地探し(5)
家を買う時の場所選びには、住み慣れた地域で探すか、新しく選んだ地域を住めば都にするか、など様々な選択肢があります。そして、それらを選択する根拠には、交通の利便性、自然や公共施設などの生活環境があります。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

交通の利便性

家を買う時に、交通の利便性を優先して地域・場所選びをした場合、何らかの事情で借家や売却する時には有利な条件となります。

また、高齢化した時にもバスや電車などの公共交通手段を容易に利用できるため、車を使わなくなっても日常生活の利便性が大きく変わることはありません。特に、都市圏では有効な選択肢だと言えます。

生活環境

子供を自然環境のいいところで育てたい、あるいは学校や買い物に便利なところを選びたい、なども大きな選択肢です。

これらの生活環境のいいところも、借家や売却には有利ですが、高齢になった時には日常の移動手段などに不便を感じるかも知れません。その場合、借家や売却による住み替えも考えなくてはなりません。

まとめ

家を買う時に、将来の住み替えを予定するか、終の棲家とするか、様々です。それらはライフスタイルであり人生観でもあります。

一方、将来の社会変化や自身のライフスタイルもどのように変わるか判らないから、家を買う時にそこまでは考えられない、と言うのも現実でしょう。

しかし、上に挙げた事柄を認識しておくことは、人生設計や資産価値を考える上での大きな判断要素であり、家を買う時の場所選びで無視できるものではありません。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする