家を買う時にローンが組めないケース

家を建てるナビ 住宅ローン(2)
家を買う計画をした時、住宅ローンが組めないと分かったら、折角のプランも台無しですね。

そんな悔しい思いをしないためにも、どのような場合に住宅ローンが組めないのか確認してみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

税金の滞納他

銀行は安定して返済してくれることを最優先していますから、税金の滞納やクレジット支払いの遅延、さらのは消費者金融などからの借入れがある場合は、住宅ローンが組めないケースになり、家を買う時にはこれらを事前に解決しておく必要があります。

安定した収入

銀行では、住宅ローンの返済に安定した収入があるかどうかの判断に、勤続3年以上と言う基準を設けています。

一般にこの勤続年数は、正社員のことを指していますが、契約社員の場合は契約先での勤務年数、そして派遣社員の場合は、派遣会社での勤務年数としています。

また、自営業の場合は勤続年数の代わりに事業の継続年数を審査対象としています。なお、確定申告で赤字申告していないことが前提ですから、可能であれば家を買う前に修正申告しておいてください。

その他

上に挙げた税金等の延滞や安定した収入の他に、健康状態なども重要視され、住宅ローンを組む時には団体信用生命保険への加入を条件としています。つまり、団体信用生命保険に加入できない場合も、ローンが組めないケースになります。

団体信用生命保険に加入できない要件には、ガンや糖尿病などの身体的な病気と精神的な病気がありますが、回復している場合は、医師の診断書などで審査に通る可能性もありますので相談されるといいでしょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする