新築の間取りは和室なしもOK?


ごく一般的な現在の新築住宅では、和室なしの間取りが増えてきており、和室を設ける場合でもリビングに接した位置にインテリアや空間のアクセントとして、あるいはタタミの感触を楽しむなどの意味合いで利用されているケースを見かる程度となっています。

このように、寝室としての和室なしの間取りが増えている状況で、和室の必要性や役割について考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

インテリアとしての和室

和室の雰囲気や暖かさ・優しさは日本の文化・伝統として自慢のできるものですが、生活様式が椅子やベッドに変化するにつれて、新築住宅の間取りに和室を設けることは、ある意味では贅沢な選択になったとも言えます。

なお、和室の活用には、先に挙げたリビングのアクセントなどの利用方法がありますが、インテリアパーツとして障子やタタミの利用を工夫することで、和室なしの間取りでも和室の趣きを表現した雰囲気を実現している住宅もあります。

このように、純然たる和室にこだわることなく、インテリアとしての利用で日本の文化・伝統を日常生活に取り込んだものは新和風と言えるかも知れません。

和室と布団

和室に布団と言う利用形態には、居室の用途を切り替え、空間を有効に活用すると言う合理性はありますが、高齢者等にとっては布団の上げ下げが体力的な負担となり、生活様式が欧米化してしまった現在では新築の間取りで寝室としての和室なしが増えていくことはやむを得ないことかもしれません。

既存住宅で、やむを得ず和室にベッドと言うケースも見られますが、新築の間取り計画では、避けておくべきでしょう。

団塊世代と和室なしの間取り

インテリアとしての和室利用を除けば、新築の間取りで和室なしの選択は、限られた予算や延べ床面積の中では、実質的な居住空間を優先させる合理的な選択と言えるかもしれません。

かつては日当たりのよい縁側のある和室を高齢者の寝室とする時代もありましたが、洋風の生活様式に馴染んだ団塊世代が高齢者になっていく現在では、あえて和室を設ける必要は無くなってきています。

まとめ

現在の新築の間取り計画では和室なしが増えてきており、現在の和室の役割は居室のアクセントや高級なインテリアのひとつとして捉えられています。

限られた予算や延床面積の中では敢えて間取りに和室を組み込む必要はなく、椅子やベッドの生活様式が一般化している現在では、和室なしの間取りも合理的な選択といえるでしょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする