新築の間取りで注意が必要なトイレの場所


新築の間取りをトイレの場所で失敗しないためには、トイレを単独で配置するケース、そして洗面所や浴室と併存させるケースなどを、生活スタイルや利用形態などからイメージしておくことが必要です。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

トイレは各階に必要?

以前は、各戸に1箇所でトイレの場所は1階が標準的でしたが、現在の新築の間取りでは各階に1箇所が普通になってきています。

これは、住環境が豊かになったことが一番大きく影響していますが、生活スタイルが欧米化してきたこと、そして高齢化が進んだことも影響しており、階下のトイレを利用する際の事故防止も関係しています。

また以前は、スペースの有効活用としてトイレの場所を階段下に設けているケースを多く見かけましたが、もはやそのような時代ではなく、トイレも重要なアメニティー空間として計画するべきでしょう。

入りにくい・出にくいトイレ

新築の間取り計画の中で、トイレの場所で注意しなければならない点は、入りにくい・出にくいトイレとなる場所は避けなければなりません。

特に、知人や友人あるいはお客様の利用が考えられる1階のトイレが、人の目や使用音などから利用しにくい場所にある場合、お客様だけではなく住人にも不要な気遣いが必要となります。

例えば、リビングに隣接したトイレの場所では使用音が気になり、玄関ホールに直接面したトイレでは不意の来客者があった場合に住人の利用が難しくなります。

併存か独立か

新築時の間取り計画でトイレを独立して設ける場合でも、小さな洗面カウンターなどを設けると利便性が上がるだけでなく、アメニティー空間としての質も向上し、住人以外が使用する可能性のある1階に向いていると言えます。

上の機能を拡大させるものとして、洗面所とトイレを併存させる方法があり、サニタリー機能としては実用性の高いもので、寝室に隣接させるなどの利用形態が明確な場合に向いています。

洗面所とトイレを併存させる場合、浴室と隣接する洗面・脱衣所との役割分担や利用形態も考慮しておくべきで、安易な配置では、同じ機能・利用形態が重複することとなりますので注意が必要です。

欧米では、トイレ、洗面、浴室を1室に併存させた(スリーインワンタイプ)ものがありますが、日本の生活様式では一般的ではなく、寝室専用のサニタリーとして一部に見られる程度です。

まとめ

現代の新築の間取りでは、各階に1箇所のトイレが標準となってきていますが、知人・友人・お客様などの利用が考えられる1階のトイレの場所を決める際には、入りやすい・出やすい、と言う配慮が必要で、人の目や使用音に気遣いさせない場所とすることが重要となります。

例としては、リビングに接した場所や不意の来客時に利用しにくい玄関ホールから直接目に入る場所は避けるべきでしょう。

なお、トイレを考える際には、生活スタイルや利用形態を考慮すると共に、他のサニタリー機能の併存も合わせてアメニティー空間として計画することをお勧めします。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする