新築の間取りにおけるリビング収納の役割


リビングに必要な収納にはどのようなものがあるのでしょうか、また収納が必要なものにはどのようなものがあるのか、新築の間取り計画におけるリビング収納について、検討してみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

リビング収納に納めるもの

新築時にリビングに設ける収納関係としては、作り付けであるか否かを問わず、飾り棚や本棚、そしてテレビやオーディオなどのラック類がありますが、これらは見せることを意識したもので、インテリア収納とも言えるものです。

しかし、家族が団欒するリビングには、季節ごとに入れ替える飾り物や、観葉植物の手入れ用具、文具品、薬箱、等々の細々としたもの、小さな子供がいる家庭では、おもちゃなども素早く収納できるリビング収納が必要となり、リビングの利便性の向上に繋がります。

以上のように、新築の間取り計画では、インテリアとして見せるもの、そして細々としたものなどを整理あるいは隠すためのリビング収納との両方に配慮しておくことが必要です。

リビングに大きな収納はいらない

リビング収納に納めるものは上で述べたように、比較的小さいものが多いため、可動式の収納棚あるいは家具量販店などで手に入れられる収納BOXなどを納められる形状にしておくことで、大きな収納とする必要はありません。

なお、新築時の間取り計画で、L・D・Kがワンルーム化されている場合でも、収納を1箇所にまとめるのではなく、家事作業用の収納とは別に収納物やサイズ等を考慮しながらリビング収納を設けることを勧めます。

意外に便利な床下収納庫

リビング収納には隠す要素があると上で述べましたが、この用途に限定すれば床下収納庫が意外に役立ち、急な来客にも慌てること無く、リビングの散らばったおもちゃなどを床下収納庫に落とし込むことで、一気に片付いてしまいます。

ただし、新築時の間取りに床下収納庫を計画する場合は、家具レイアウトの邪魔にならないよう、また収納の出し入れが素早く行えるような配置の工夫が必要です。

まとめ

新築の間取り計画では、L・D・Kのようにワンルーム化している場合でも、収納を1箇所にまとめるのではなく、家事作業用とは別に小物用としてのリビング収納を計画することをお勧めします。

ここで言うリビング収納とは、季節ごとの飾りものや、観葉植物の手入れ用具、文具品、薬箱などの細々としたものを納めるものを言い、本棚やテレビ・オーディオを納めるラックなどのようにインテリアに重きを置いたものと区別しています。

リビングの利便性はこのリビング収納の有無で大きく異なり、不意の来客や小さな子供のおもちゃなどの整理片付けにも役立つものです。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする