新築の間取りで吹き抜けに注意すること


住宅の間取りで、吹き抜けは空間の開放感や採光・通風などから人気のあるもので、新築時には吹き抜けを取り入れたいと考えるユーザーは多いと思います。

ここでは、新築の間取りで吹き抜けを計画する際に、どのような注意点があるのか検討してみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

吹き抜けは冷暖房効率が悪い

よく知られていることですが、温かい空気は上方に、冷たい空気は下にそれぞれ溜まりやすくなり、夏季は比較的涼しい環境となりますが、冬季は寒い住環境となります。

住宅の冷暖房費では、一般的に暖房費の方が高いと言われていますが、いずれ場合も吹き抜けのある住宅では、冷暖房の効率が悪くなります。

これを解消するものとしてシーリングファンがあり、特に冬には効果的ですすが、一方では高い天井に取付けられているため、掃除などのメンテナンスの難しさがあり、新築時の間取りに吹き抜けを設ける場合には注意が必要です。

外皮断熱化が前提

新築の間取りに吹き抜けを計画する際には、屋根、外壁、サッシュなどの外皮断熱の性能を上げておくことが重要で、該当するものに省エネ住宅があります。

つまり、外皮の断熱性能を上げることで、外部環境からの熱影響を最小限にし、内部の冷暖房エネルギーが外部に消失するのを最小限にすると言うことで、これにより冷暖房費を抑えることができると共に、吹き抜け空間も先のシーリングファンなどで均質な温度環境となります。

吹き抜けの目的

吹き抜けが設けられる場所として多いのが、玄関ホールとリビングですが、玄関ホールには階段が隣接されている場合が多く、元々吹き抜けの要素を持っています。

吹き抜けの形状には、居室全体をそのまま吹き抜けにするものや、一部を吹き抜けにするもの、さらには勾配天井としているものなど様々にあり、目的には開放感などの他に採光や通風・換気などの実用的なものもあります。

いずれにしても、何を目的とした吹き抜けにするのかを新築時の間取り計画では十分に検討し、明確にしておくことが重要です。

まとめ

新築の間取りで吹き抜けを計画する際には、冷暖房効率や目的を検討しておくことが重要で、安易に吹き抜けを設けると、冷暖房費の高い、そして無駄な空間を創る結果となってしまいます。

従って、吹き抜けを設ける場合は、断熱効果の高い、そして消失エネルギーの少ない省エネ住宅とすることを前提にした上で、空間の拡がりや採光・通風などの目的に応じた形状とするべきです。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする