新築の窓で失敗しないためのポイント!


新築の設計で窓は、主に採光や通風を目的にしてサイズや配置が決定されますが、窓で失敗しないためのポイントにはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

窓の種類と役割

一般的な現在の新築で採用されている窓の種類には、掃き出しや腰高などの引違い窓、突き出し窓、滑り出し窓、ルーバー窓、そしてFIX窓などがあり、窓で失敗しないためには、それらの特徴を知っておくことが必要です。

引違い窓は最も一般的なもので、採光・通風に有効であると共に価格的にも他のサッシュに比べて比較的リーズナブルなものでサイズのバリエーションも最も多く用意されています。

突き出し窓や滑り出し窓はデザイン性が高いものですが、比較的サイズが小さく、引違い窓がとりつかない壁での採光・通風に有効な反面、網戸を取付けにくい、あるいは使いにくいと言う難点があります。

ルーバー窓は、プライバシーの確保や通風量を調整できる利点があり、湿気がこもりやすい洗面・脱衣所や浴室などに採用されているケースが多く見られます。

窓の配置と大きさ

窓は大きい方が、あるいは多い方がいいと思われるかも知れませんが、家具やテレビ・オーディオなどのレイアウトにも配慮しておかないとそれらを置く壁部分がなくなり失敗してしまいます。

そのためには、一般的な引違い窓だけでなく、滑り出し窓や突き出し窓の比較的壁面積をとらない縦長あるいは横長のサッシュの活用が有効となります。

日本の気候風土の中では、南側の窓を大きくするのが一般的ですが、その場合でも南側に大きな窓を1箇所設けるよりも、東側あるいは西側にも小さくても窓を設けておく方が明るく通風の良い部屋となります。

断熱サッシュ

サッシュにはサイズや形式によるものの他、複層ガラスサッシュや断熱サッシュなどのように断熱性能による種別があり、現在の新築の傾向としては断熱サッシュの採用が増えてきています。

断熱サッシュの良さには、冬季に結露がほとんどない、室内外の温度差による熱の伝達が少ないことにより、冷暖房機のランニングコストが安くなるなどがあり、快適な住環境で失敗しないためには有効なものです。

なお、断熱サッシュと同様に紫外線カットのガラスも採用が増えてきており、家具の色あせなどを防ぐ効果があります。

まとめ

新築の窓選びや配置について失敗しないためには、窓の形式や種別による特徴や住環境への効果なども知っておくことが重要なポイントとなります。

窓の配置においては、家具やテレビ・オーディオなどの配置にも考慮しておくべきで、窓だらけの部屋ではそれらの置き場所に困ってしまいます。

現在の住宅での採用率では、複層ガラスサッシュがまだ多いと思われますが、新築の傾向としては断熱サッシュの採用や紫外線カットのガラスの採用が増えてきており、快適な住環境をつくる上では重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク
smile-homesレクタングル大

smile-homesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする